債務整理の種類とそれぞれの特徴

 

債務整理の種類とそれぞれの特徴

借金が返済できない状態を解決するための手段が債務整理です。

 

債務額を減額して実現可能な返済プランに変更したり、棒引きにするなどの手続きを経る事で実際の負荷も軽くなるだけでなく、
取り立てや督促がなくなることで精神的にも楽になります。

 

中でも一番手軽で融通性が高いのが任意生理です。

 

裁判所を通さず司法書士と債権者の間で和解交渉を進め、利息については引き直し研鑽、過払い金については返還請求を行います。
一方民事再生は債務総額が5000万円以下の場合に適用できる手続きで、裁判所に申し立てを行う必要があります。

 

3年以内を目安に完済を目指す計画書を提出し、認可を受けますが大幅に返済額が減るうえ、
住宅などの高額な財産を処分せずに借金の額を減らせる事がメリットです。

 

自己破産は債務整理の中でも最終的な手段で、借金はすべて帳消しになります。

 

免責と呼ばれるこの状態の場合、債務はなくなるものの社会的な制約が課せられます。
財産はすべて没収され、職業にも制限があります。また数年間は新たに金融機関からお金を借りることができません。

 

状況や収入の見込みによりどの債務整理が最適かは異なります。

 

またこれらの手続きにかかる費用は別途支払う必要があります。

借金の返済に困ったときのための債務整理について解説します

テレビドラマなどでは、借金地獄に陥ってどうやっても借金が返済できなくなり、クビを吊ったり、夜逃げするというシーンがあります。

 

現実には、こういったことがないように借金が返済できなくなったときには救済制度が用意されています。
債務整理とは、借金の返済に困った人が法的手段を用いて借金を減額する手続きのことをいいます。

 

債務整理の種類には、任意整理、個人再生、自己破産などがあります。

 

任意整理とは、弁護士が間に入って金融機関と交渉し、利子を減額したり、過払い金がある場合はそれを取り戻してくれる手続きのことです。

 

任意整理のメリットとして、弁護士に依頼した時点で請求が止まり、
交渉が終わるまで支払いをストップすることができることや、高い確率で利子をゼロにできることなどがあります。

 

個人再生とは、任意整理をしてもまだ借金の返済が困難であるときで、自己破産をしたくないときにとる手段です。

 

任意整理では減らせるのは利子のみで元本までは減らせませんが、個人再生では住宅ローン以外の元本を大幅に減らせるのが特徴です。
住宅ローンの元本は減らせませんが、他の借金を減らすことで返済の負担が減り、家を手放さなくてよくなる場合があります。

 

自己破産は、資産をすべて手放すことになりますが、借金をすべて帳消しにすることができる手続きです。

 

ただしギャンブルなどで借金をした場合は免責がおりない場合があります。

債務整理で督促がなくなり安定した生活の一歩を踏み出せる

私が債務整理をしたきっかけは、消費者金融からの督促が始まり、
自宅にいても会社にいても業者からの電話がかかってくるようになったからです。

 

一人暮らしをしているとどうしてもお金が足りないことがあり、カードローンを使って生活費の足しにしていたのですが、
転職で給与が下がるなど、予想以上に生活費が足りなくなってしまった時期がありました。

 

カードローンをいくつか利用して資金を回していたのですが、返済が立ち行かなくなり、その途端業者からの督促の電話に悩まされるようになりました。

 

返しても返してもなかなか減らない元本に絶望して、弁護士事務所を訪問して債務整理について話を聞きました。

 

弁護士が言うには債務整理をすると、債権者は債務者に接触することができなくなるので、督促がなくなりますと言われて、
一刻も早くこの生活のストレスから抜け出したかった私は契約をして任意整理をすることにしました。

 

任意整理なら裁判所を通さない債務整理なので官報に名前も掲載されませんし、会社に知られることなく借金を整理できるからです。

 

弁護士と契約をした途端に本当に督促がなくなったので本当に嬉しく、久しぶりにゆっくりと眠ることができました。
返済の目処が立って債務整理をして良かったと心から思います。

お役立ちサイト

  • http://kariirego.com/

    大手の銀行系カードローンなら知名度もあって低金利なので、初めての借入でも安心です。